大使たちの戦後日米関係 : その役割をめぐる比較外交論1952~2008年

千々和泰明 著

「日米の絆」を担った「顔」たち-安保改定、沖縄返還、経済摩擦、テロとの戦い…日米大使29人の素顔と役割を描く、初の通史。日米双方の視点から両国の大使が果たした役割と限界、本国政府との関係や大使以外のアクターの影響を描く。日米講話発効・大使交換再開60周年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後日米関係における大使外交への視座
  • 第1部 駐米日本大使-敗戦国の尖兵から日米パートナーシップの担い手へ(「政治指導者の代理人」とその変容-一九五〇〜六〇年代
  • 外交の多元化と世代交代-一九七〇〜八〇年代
  • 多様化する役割-一九九〇〜二〇〇〇年代)
  • 第2部 駐日米国大使-日本における超大国の顔(権威をめぐる将軍たちとの相克-一九五〇〜六〇年代
  • ホワイトハウスの外交指導と大物の登場-一九七〇〜八〇年代
  • 大物たちの遺産-一九九〇〜二〇〇〇年代)
  • 戦後日米関係における大使外交の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大使たちの戦後日米関係 : その役割をめぐる比較外交論1952~2008年
著作者等 千々和 泰明
書名ヨミ タイシタチ ノ センゴ ニチベイ カンケイ : ソノ ヤクワリ オ メグル ヒカク ガイコウロン センキュウヒャクゴジュウニ ニセンハチネン
書名別名 Taishitachi no sengo nichibei kankei
シリーズ名 国際政治・日本外交叢書 14
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.6
ページ数 254,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06373-4
NCID BB0941148X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想