日独比較研究市町村合併 : 平成の大合併はなぜ進展したか?

片木淳 著

[目次]

  • 問題設定と先行研究
  • 第1部 日独における地域改革の動向(日本とドイツの地方自治制度と「地域政府」
  • 日本とドイツにおける「地域政府」の構造
  • 日本とドイツの地域改革)
  • 第2部 市町村合併の促進・抑制要因の日独比較(日本とドイツに違いをもたらした要因と評価
  • 地方分権改革と市町村合併
  • 人口の減少・高齢化と市町村合併
  • 自治体の財政危機と市町村合併
  • 自治体地域改革に対する抑制要因としてのベクトル)
  • 第3部 ケーススタディと結論(ヴィーデンボルステル-ドイツ最小の村
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日独比較研究市町村合併 : 平成の大合併はなぜ進展したか?
著作者等 片木 淳
書名ヨミ ニチドク ヒカク ケンキュウ シチョウソン ガッペイ : ヘイセイ ノ ダイガッペイ ワ ナゼ シンテン シタカ
シリーズ名 早稲田大学学術叢書 22
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2012.6
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-657-12702-0
NCID BB09649266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想