ぶらり平蔵 : 霞ノ太刀 : 書下ろし長編時代小説

吉岡道夫 著

平蔵の甥・忠之に突如縁談がもちあがった。相手は老中の遠縁で家格も釣り合う申し分のない話だったが、当の忠之は頑に拒むばかり。不審に思った嫂の幾乃に頼まれて平蔵が探りを入れると、忠之は菊坂町の柔術道場で代稽古を務める女武道・織絵に恋着しているらしい。忠之も通っているという起倒流の道場主は峪田弥平治。道場を覗きにいった平蔵は、そこで出会った峪田の人柄にすっかり惹かれてしまう。意気投合して酒を酌み交わした帰り道、悪党どもに攫われかけていた若い女を救った平蔵たち。だが取り逃がした連中が、かつて平蔵が皆殺しにした猪口仲蔵の兄弟分だったことから、事態は思わぬ方向に…。平蔵を狙い、剣鬼を差し向ける鬼火の吉兵衛の真の目論見とは?-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぶらり平蔵 : 霞ノ太刀 : 書下ろし長編時代小説
著作者等 吉岡 道夫
書名ヨミ ブラリ ヘイゾウ : カスミ ノ タチ : カキオロシ チョウヘン ジダイ ショウセツ
書名別名 Burari heizo
シリーズ名 コスミック・時代文庫 よ1-22
出版元 コスミック
刊行年月 2012.6
ページ数 326p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7747-2511-6
全国書誌番号
22122624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想