執行供託の理論と実務

立花宣男 編著

第三債務者のする執行供託を中心に供託所・裁判所の実務を詳説。執行供託の機能・性質から「裁判所が供託する場合」「執行機関としての管理人や執行官が供託者となる場合」「第三債務者が供託者となる場合」などの受入手続から払渡手続を詳説。民事執行法上の執行供託、民事保全法上の類似執行供託、滞調法上の執行手続や土地収用法上の供託などのその他の供託を詳説。民事執行法・民事保全法の施行の際の供託事務通達を比較表で掲載。事例研究10題で具体的な実務を検討。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 供託制度
  • 第2編 執行供託(総論)
  • 第3編 執行供託(各論)
  • 第4編 金銭債権における第三債務者のする執行供託
  • 第5編 供託金払渡請求権に対する執行
  • 資料編(「民事執行法等の施行に伴う供託事務の取扱いについて」
  • 「民事保全法等の施行に伴う供託事務の取扱いについて」
  • 事例研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 執行供託の理論と実務
著作者等 立花 宣男
書名ヨミ シッコウ キョウタク ノ リロン ト ジツム
書名別名 Shikko kyotaku no riron to jitsumu
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 2012.6
版表示 全訂.
ページ数 471p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-322-11965-7
NCID BB09462582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想