防衛駐在官という任務 : 38度線の軍事インテリジェンス

福山隆 著

かつては駐在武官と呼ばれ、在外公館に駐在し軍事関連の情報収集を行った軍人たち。外交官としての身分も持っていた彼らの活動は、日露戦争の勝利にも太平洋戦争の敗戦にも大きな影響を与える重要なものだった。じつは自衛隊は現在でも防衛駐在官とその名をかえ、軍事的なインテリジェンス業務にあたる自衛官を在外公館に派遣している。かつて、韓国に防衛駐在官として派遣された経験を持つ著者が、平和ボケした我々には思いもよらない防衛駐在官の任務の実態や求められる結果、さらには朝鮮半島の緊張の歴史と近未来までを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 時事ネタでみる情報分析の具体的方法(朝鮮半島の地政学
  • 金正恩体制のゆくえ
  • 九州の離島防衛に関する一提言
  • 離島防衛のための「"限界島"阻止作戦」-「長崎・五島キリスト教会巡礼の旅」と「九州離島屯田兵制度」)
  • 第1章 防衛駐在官とは(防衛駐在官制度
  • 情報活動における防衛駐在官の位置づけ
  • 防衛駐在官への助走
  • 韓国かエジプトか)
  • 第2章 防衛駐在官の実務(赴任準備
  • 私に課せられた情報任務
  • 大使館における活動あれこれ)
  • 第3章 防衛駐在官と軍事(韓国軍こぼれ話
  • 陸上自衛隊と韓国陸軍
  • 米韓軍事関係
  • 韓国駐在武官団
  • 韓ソ・韓中国交樹立)
  • 第4章 防衛駐在官と情報(スパイ事件
  • 防衛駐在官の体験を通じ考えたこと/防衛駐在官の資質
  • 防衛駐在官の情報活動-その特性と限界
  • 情報余話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 防衛駐在官という任務 : 38度線の軍事インテリジェンス
著作者等 福山 隆
書名ヨミ ボウエイ チュウザイカン ト イウ ニンム : サンジュウハチドセン ノ グンジ インテリジェンス
シリーズ名 PLUS 081
ワニブックス 081
新書 081
出版元 ワニブックス
ワニ・プラス
刊行年月 2012.6
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8470-6053-3
NCID BB09841911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想