花宵坂に恋が舞う

絢谷りつこ 著

時に激しく時に切なく、義太夫節を語る篤也。その声を聞くと、直規は胸を締めつけられる心地がする-。若手人形遣いの直規は、篤也の師匠・勘大夫のもとに、ある事情から一時的に身を寄せることになった。篤也とも一緒に暮らせば、彼の声に緊張しなくなるかも、と思う直規だったが、桜舞う相合坂を二人で降りた夜、胸のドキドキの正体に気付いてしまい…?文楽の世界ではんなり花開く、浪花の恋のものがたり。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花宵坂に恋が舞う
著作者等 絢谷 りつこ
書名ヨミ ハナヨイザカ ニ コイ ガ マウ
シリーズ名 新書館ディアプラス文庫 307
出版元 新書館
刊行年月 2012.6
ページ数 250p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-403-52306-9
全国書誌番号
22078350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
情熱は秘して語らず 絢谷 りつこ
想い募る夏の宵坂 絢谷 りつこ
花宵坂に恋が舞う 絢谷 りつこ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想