辞書の鬼 : 明治人・入江祝衛

井上太郎 著

明治18年、ひたすら生きた英語を学びたいがため、東京・銀座の英語夜学校へ埼玉から往復56キロの道のりを毎日走りぬいた苦学生…。やがて「日本語論」等、言葉に対する視点を磨き上げ、さまざまな試行錯誤を経て"辞書の鬼"と化し、いくつもの立派な辞書を独力でつくりあげるまでの情熱あふれる人生を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 百年余り前の和英辞典
  • 父、寿庵のこと
  • 明治維新前後
  • 英語との出会い
  • 当世書生気質
  • 韋駄天の如く
  • 英語辞書の氾濫
  • 植村正久との出会い
  • 東北学院時代
  • ヴントへの傾倒
  • 「将来の日本文」
  • 『日本俗語文法論』
  • ラフカディオ・ハーンの英語
  • 英語辞書の編纂に挑む
  • 関東大震災を乗り越えて
  • 晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 辞書の鬼 : 明治人・入江祝衛
著作者等 井上 太郎
書名ヨミ ジショ ノ オニ : メイジジン イリエ イワエ
書名別名 Jisho no oni
出版元 春秋社
刊行年月 2012.6
ページ数 218,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-43641-7
NCID BB09753315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想