教育・心理系研究のためのデータ分析入門 : 理論と実践から学ぶSPSS活用法

平井明代 編著

研究指導をしていると、「本当にこの分析方法で正しいのか」「分析の解釈はこれでいいのか」「最終的に分析結果をどのように論文にまとめればよいのか」という学生の声をよく聞く。本書はそのような学生からの疑問に応えるために、必要な統計手法ごとに理論から実践、そして論文にまとめるという一連の流れがスムーズに進められることを狙った。近年、論文に記載することが望まれる効果量に関しても丁寧に解説し、主に教育・心理系分野で必要な統計手法についてできるだけ網羅した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 測定と評価-妥当性と信頼性
  • 第2章 基本統計-データの傾向と性質をつかむ
  • 第3章 t検定-2変数間の平均の差を分析する
  • 第4章 分散分析-3グループ以上の平均を比較する
  • 第5章 多元配置分散分析-2つ以上の要因を分析する
  • 第6章 分散分析の応用-共分散分析と多変量分散分析
  • 第7章 相関分析-変数間の関係を分析する
  • 第8章 回帰分析-変数間の因果関係を予測する
  • 第9章 因子分析-変数の背後に潜む共通概念を検証する
  • 第10章 構造方程式モデリング-変数間の関係性をモデル化する
  • 第11章 メタ分析-複数の研究を統合する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育・心理系研究のためのデータ分析入門 : 理論と実践から学ぶSPSS活用法
著作者等 平井 明代
書名ヨミ キョウイク シンリケイ ケンキュウ ノ タメ ノ データ ブンセキ ニュウモン : リロン ト ジッセン カラ マナブ エスピーエスエス カツヨウホウ
書名別名 Kyoiku shinrikei kenkyu no tame no deta bunseki nyumon
出版元 東京図書
刊行年月 2012.6
ページ数 259p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-489-02128-2
NCID BB09364732
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想