中世公家政治文書論

富田正弘 著

[目次]

  • 古代中世文書様式の体系・系譜論に関する先行研究
  • 第1部 古代中世国務文書論(平安時代における国司文書-その位署形態と国司庁宣の成立
  • 国務文書の展開)
  • 第2部 中世公家政務文書論(中世公家政治文書の再検討
  • 公家政治文書の発給過程と系譜
  • 図説 東寺百合文書における公家政治文書
  • 口宣・口宣案の成立と変遷-院政=親政と天皇=太政官政)
  • 第3部 新しい文書体系論への助走(中世史料論試論
  • 中世公家政治文書論補論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世公家政治文書論
著作者等 富田 正弘
書名ヨミ チュウセイ クゲ セイジ ブンショロン
書名別名 Chusei kuge seiji bunshoron
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.6
ページ数 379,15p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-642-02909-4
NCID BB09300467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想