平安文学の交響 : 享受・摂取・翻訳

中野幸一 編

[目次]

  • 1 平安時代における享受と摂取-漢詩・和歌・日記・歴史物語(平安朝における七言排律詩の普及-文章生試への出題を通して
  • 『多武峯少将物語』と師輔周忌法要-官途不遇を共有する享受の基盤 ほか)
  • 2 物語文学の解釈・享受・変容-『源氏物語』・後期物語・中世王朝物語(桐壺巻「いとかく思う給へましかば」の一解釈-『漢書』元后傳椽六十八 司馬良〓(てい)傳の影響
  • 『源氏物語』「雨夜の品定め」の会話主をめぐる一問題 ほか)
  • 3 『伊勢物語』『源氏物語』の古注釈と絵巻-中世から近世にかけて(内閣文庫本系『奥入』諸本の位相と分類
  • 鎌倉時代の『源氏物語』享受について-『光源氏物語抄』における西円の源氏学 ほか)
  • 4 近現代における『源氏物語』と平安文学-享受・摂取・翻訳(与謝野晶子『新新訳源氏物語』和歌の性格-依拠テキストの解明は可能か
  • 『山の音』と『源氏物語』「宇治十帖」-錯覚・妄想の世界と永続性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安文学の交響 : 享受・摂取・翻訳
著作者等 中野 幸一
書名ヨミ ヘイアン ブンガク ノ コウキョウ : キョウジュ セッシュ ホンヤク
書名別名 Heian bungaku no kokyo
出版元 勉誠
刊行年月 2012.5
ページ数 612p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-29032-2
NCID BB09308593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『九条禅閤抄』の一伝本・九曜文庫蔵『伊勢物語聞書』 木戸久二子
『多武峯少将物語』と師輔周忌法要 門澤功成
『大鏡』からみる『蜻蛉日記』の享受の様相 斎藤菜穂子
『大鏡』における和歌の享受 稲垣智花
『山の音』と『源氏物語』「宇治十帖」 陣野英則
『更級日記』上洛の記と同時代の享受 福家俊幸
『源氏物語』「雨夜の品定め」の会話主をめぐる一問題 鷲山茂雄
『源氏物語絵巻』「東屋二」の時空間を読み解く 金秀美
『源氏物語絵巻』「横笛」を読む 川名淳子
『狭衣物語』 大倉比呂志
『異本伊勢物語絵巻』を読む 久下裕利
『紫史吟評』宇治十帖詠を読む 岡部明日香
『紫式部日記』断片記事三編の行方 久保朝孝
『蜻蛉日記』と「浮舟物語」における侍女・女房との訣別 髙野浩
きょうだいの恋の転換点としての『狭衣物語』と『源氏物語』 有馬義貴
与謝野晶子『新新訳源氏物語』和歌の性格 神野藤昭夫
内閣文庫本系『奥入』諸本の位相と分類 新美哲彦
古注釈書を通してみる『源氏物語』の和漢世界 河野貴美子
外国文学としての平安文学 鄭順粉
平安朝における七言排律詩の普及 半谷芳文
御法巻における紫の上の和歌と来世信仰の形成 吉見健夫
教室から考える源氏物語の享受 勇晴美
早大図書館蔵『源氏物語注』孝 緑川真知子
時代を映す『源氏物語』 吉井美弥子
桐壺巻「いとかく思う給へましかば」の一解釈 早乙女利光
肥りすぎのオイディプス 鈴木泰恵
豊子愷による『源氏物語』中国語訳について 山田利博
鎌倉時代の『源氏物語』享受について 栗山元子
院政期物語としての『海人の刈藻』 横溝博
韓国における「物語」という言葉 金孝淑
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想