森林の生態学 : 長期大規模研究からみえるもの

種生物学会 編 ; 正木隆, 田中浩, 柴田銃江 責任編集

[目次]

  • 第1部 樹木の繁殖と更新を観る
  • 第2部 樹木の一生を追いかける
  • 第3部 森林群集の成り立ちを探る
  • 第4部 ネットワークが拓く森林の生態学
  • 森林研究之奥義書
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林の生態学 : 長期大規模研究からみえるもの
著作者等 柴田 銃江
正木 隆
田中 浩
種生物学会
書名ヨミ シンリン ノ セイタイガク : チョウキ ダイキボ ケンキュウ カラ ミエル モノ
出版元 文一総合
刊行年月 2012.5
版表示 オンデマンド版.
ページ数 383p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8299-6202-2
NCID BB09956403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
カエデ属の生活史 田中 浩
カツラの生活史 大住克博
セイヨウオオマルハナバチは在来植物の脅威になるか? 田中健太
トチノキの種子とネズミとの相互作用 星崎和彦
ブナの生態研究の国内ネットワーク 箕口秀夫, 鈴木和次郎
ミズキの生活史 正木 隆
モデル(…?)による生態データ解析 久保田康裕, 島谷健一郎
地形から見た熱帯雨林の多様性 伊東明, 大久保達弘, 山倉拓夫
多くの樹種が同時に結実する意味を考える 柴田 銃江
日本の森林長期生態研究サイト 神崎護
日本型のLTERを目指して 日浦勉, 本間航介
森林の生態を長く広く観てみよう 柴田 銃江, 田中 浩, 正木 隆
森林の生態学の魅力 柴田 銃江, 田中 浩, 正木 隆
森林の長期(大規模)研究は続ける必要はあるだろうか? 中静透
森林動態データベース 新山馨
森林動態パラメータから森の動きを捉える 真鍋徹, 西村尚之
森林動態研究の私にとっての魅力 巌佐庸
気候の季節性は森林生態系にどう影響するのか 久保田康弘, 武生雅明, 清野達之, 相場信一郎, 西村貴司
熱帯雨林の多様性を説明する仮説 伊東明
生物が創り出す熱帯林の季節 酒井章子
結実の豊凶はなぜ起こる? 市栄智明
長期観測プロットの作り方と樹木の測り方 正木 隆
鳥と樹木の相利関係から見た森林群集 小南陽亮
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想