原爆放射線の人体影響

放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編

[目次]

  • 1 原子爆弾による物理的破壊(爆発
  • エネルギー)
  • 2 人体への影響(急性期死亡・急性障害
  • 後障害)
  • 3 基礎科学研究の現状と将来展望(放射線病理学研究
  • 放射線生物学研究)
  • 4 国際機関による放射線健康リスク評価ならびに防護基準策定における原爆放射線の健康影響調査結果の活用(放射線健康リスク評価において原爆被爆者の調査が他の調査よりも重要な理由
  • UNSCEARにおける原爆放射線の健康影響調査結果の活用
  • ICRPにおける原爆放射線の健康影響調査結果の活用)
  • 5 国際貢献(HICAREの国際貢献
  • NASHIMの国際貢献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原爆放射線の人体影響
著作者等 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
書名ヨミ ゲンバク ホウシャセン ノ ジンタイ エイキョウ
出版元 文光堂
刊行年月 2012.3
版表示 改訂第2版.
ページ数 402p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-8306-3741-4
NCID BB09280472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想