シュヴァレー リー群論

クロード・シュヴァレー 著 ; 齋藤正彦 訳

ノルウェーの数学者ソフス・リーが遺した無限小変換と連続群にかんする研究は、エリー・カルタンやヘルマン・ワイルによって"リー群の理論"として展開された。本書においてシュヴァレーはリー群の大域的な理論を世界で初めて包括的に展開し、リー群・リー環は今や現代数学必須の概念となった。著者の導いた諸定理はいまなお有用性を失っておらず、不朽の評価を勝ちえた古典的著作である。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 典型線型群
  • 第2章 位相群
  • 第3章 多様体
  • 第4章 解析群.リー群
  • 第5章 カルタンの微分演算
  • 第6章 コンパクト・リー群とその表現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュヴァレー リー群論
著作者等 Chevalley, C.
Chevalley, Claude
斎藤 正彦
齋藤 正彦
シュヴァレー クロード
書名ヨミ シュヴァレー リー グンロン
書名別名 Theory of Lie Groups.1
シリーズ名 Math & Science シ29-1
ちくま学芸文庫 シ29-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.6
ページ数 407p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09451-3
NCID BB09354295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想