アヴェスター : 原典訳

伊藤義教 訳

シルクロードを通じ、通商の民ソグド人によって中央アジアに広く伝えられた、拝火教ことゾロアスター教。その聖典『アヴェスター』は世界最古の宗教経典とされ、「ヤスナ(祭儀書)」「ウィーデーウ(除魔書)」「ヤシュト(神々への讃歌)」などからなる。本書はそのうち最重要といわれる、ヤスナの中の韻詩文を中心に精選し、原典から訳出した唯一の邦訳である。ゾロアスター教は唐の都・長安でも信仰される一方、その"善悪二元論""一神教"などの思想は、キリスト教や西洋思想、仏教にも大きく影響したと言われる。古典としてのみならず、比較思想にも欠かせない必携書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アヴェスター : 原典訳
著作者等 伊藤 義教
書名ヨミ アヴェスター : ゲンテンヤク
書名別名 Avesuta
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ア37-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.6
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09460-5
NCID BB0935199X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想