太閤暗殺

岡田秀文 著

お拾(後の秀頼)が生まれ、秀吉は甥の秀次が邪魔になる。秀吉の変心に危機感を抱く秀次の側近は、天下を騒がす大盗賊・石川五右衛門に秀吉暗殺を依頼する。請け負った五右衛門が目指すは秀吉が居を構える伏見城。迎え撃つのは奉行・石田三成と京都所司代・前田玄以。知力と武力が激突する死闘を制するのは…。正史にはない歴史の裏側が、密室トリックや鮮やかな結末で光彩を放つ。日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作にして「おすすめ文庫王国・時代小説部門」第1位に輝く歴史時代ミステリーの傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太閤暗殺
著作者等 岡田 秀文
書名ヨミ タイコウ アンサツ
シリーズ名 双葉文庫 お-25-03
出版元 双葉社
刊行年月 2012.6
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-66569-7
NCID BB10034280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想