落語を聴かなくても人生は生きられる

松本尚久 編

落語家が名人芸だけをやっていればよかった時代は去った。落語に関する文章をいま編むのなら、高座の芸よりはむしろ、落語をとりまく状況を視野に入れたものでなければ意味がない。時代と社会を視野に入れた文章であること。そして落語の専門家や職業的な書き手ではない、外部から落語を視ている人たちの文章であること。それらを並列にして読むことで、落語の現在を読み解くアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 志ん朝さんの死、江戸落語の終焉(小林信彦)
  • 志ん朝「最後」の十日間(長井好弘)
  • 私の落語今昔譚(都筑道夫)
  • 悋気の火の玉(池内紀)
  • 人と人の出会う間(戸井田道三)
  • 桂枝雀(三國一朗)
  • 立川談志(三國一朗)
  • 立川流オールスター一門会パンフレットに寄せて(田村隆一)
  • 噺家は世上のアラで飯を喰い(景山民夫)
  • 明石家さんま(小倉千加子)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語を聴かなくても人生は生きられる
著作者等 松本 尚久
書名ヨミ ラクゴ オ キカナクテモ ジンセイ ワ イキラレル
書名別名 Rakugo o kikanakutemo jinsei wa ikirareru
シリーズ名 ちくま文庫 ま44-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.6
ページ数 356p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42947-6
NCID BB09422453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想