韓非子に学ぶホンネで生きる知恵

童門冬二 著

孔子の弟子でありながら性悪性をとなえた荀子に師事、戦国時代の弱小国韓にあって祖国が滅びゆくのを見据えた韓非子。組織を保持するための徹底した方策を探求し、始皇帝となる泰の政に嘱望され、信賞必罰による法治主義の国家を理想とする思想を説いた。始皇帝の側近にそねまれ、毒を献じられて獄死するが、冷徹なる人間観察眼で社会をとらえた『韓非子』は、三国時代の蜀の参謀・諸葛孔明が劉備の後継となる幼帝劉禅の座右の書とさせたことで知られる中国思想の最重要古典。日本人の先達たちは韓非の思想をどう受容し、自らのものとしていかに活用してきたのか。いまも変わらぬ中国人のものの考えを理解し、シビアな現実思考に対抗するために必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 法治主義の源流
  • 第2章 組織論に韓非子を生かす
  • 第3章 賢者の在り方を学ぶ
  • 第4章 "違い"がわかる男とは!?
  • 第5章 行ないを律する者は常に"われわれ"なり
  • 第6章 部下を育て、部下を使う
  • 第7章 滅びの臭いを嗅ぎとれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓非子に学ぶホンネで生きる知恵
著作者等 童門 冬二
書名ヨミ カンピシ ニ マナブ ホンネ デ イキル チエ
書名別名 Kanpishi ni manabu honne de ikiru chie
シリーズ名 韓非子 (経典) 113
じっぴコンパクト新書 113
出版元 実業之日本社
刊行年月 2012.6
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-408-10937-4
NCID BB09692935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想