終末期と言葉 : ナラティヴ/当事者

高橋規子, 小森康永 著

2011年11月、食道がんでこの世を去った気鋭の心理臨床家・高橋規子と、精神腫瘍医・小森康永のメール往復書簡を中心にまとめられた本書は、刻々進行するがんと「終末期」の時間を縦糸に、「当事者」が語ることの可能性を横糸に織り上げられた一つのナラティヴ実践である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 われわれはどこから来たのか(原家族原風景
  • 原家族再訪)
  • 第2部 われわれは何者か(著者たちの素顔
  • コラボレイティヴ・アプローチは、いかにして実践しうるのか-筆者の、治療者としての思考のあり方を手がかりとした考察
  • ナラティヴ・アプローチは、いかにして実践しうるのか
  • 「友人Dの研究」とその後)
  • 第3部 われわれはどこへ行くのか(2011年7月
  • 2011年8月
  • 2011年9月
  • 2011年10月
  • 2011年11月)
  • 第X章 友人Dの研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 終末期と言葉 : ナラティヴ/当事者
著作者等 小森 康永
高橋 規子
書名ヨミ シュウマツキ ト コトバ : ナラティヴ トウジシャ
出版元 金剛
刊行年月 2012.6
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7724-1256-8
NCID BB09440670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想