なぜ、いま「魚の汚染」か

日本科学者会議, 日本環境学会 編

[目次]

  • 序章 なぜ、いま「魚の汚染」か
  • 大変つらい魚の微量汚染問題
  • 第1部 なにが、いま起こっているのか-トピックを探る(エチゼンクラゲ大発生のなぞ!-東シナ海・渤海湾の汚染と日本への影響
  • 地球温暖化におる海洋環境の変化と影響-どんな兆しがみえているのか?どんな変化が予測されているのか? ほか)
  • 第2部 微量有害物質と魚介類汚染-汚染の実態と問題点(水銀・メチル水銀
  • ダイオキシン類・臭素系難燃剤 ほか)
  • 第3部 いっしょに考えようQ&A22(私たちが食べている魚の種類は、どのくらいあるのですか?
  • どのような魚が、多く食べられているのですか? ほか)
  • 終章 いま、私たちに何ができるのか?何をしなければならないのか?(アジアの魚事情-アジア各地の魚介類調査
  • チリメンモンスターとの出会い-机上に海が広がった ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、いま「魚の汚染」か
著作者等 日本環境学会
日本科学者会議
JSA
書名ヨミ ナゼ イマ サカナ ノ オセン カ
出版元 本の泉社
刊行年月 2012.6
ページ数 279p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7807-0654-3
NCID BB09661771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想