逃れ道

辻堂魁 著

神田堀端で廻船問屋の番頭が殺された。旗本の三男から北町の平同心の家に婿入りし、お役を継いだ日暮龍平に取調べが命ぜられ、探索を進める龍平は、ある女に出逢う。それは浅草で地廻りに絡まれた倅・俊太郎を救け、錦絵でも評判のお篠だった。そんな折、龍平の元にお篠の昔を密告する者が現れた。忌まわしい過去から逃れる女と、口封じにその命を狙う無法者の一団。お篠の正体に気づいた日暮は、その裏に隠れ潜む真の悪に剣先を向ける。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逃れ道
著作者等 辻堂 魁
書名ヨミ ノガレミチ
シリーズ名 日暮し同心始末帖 つ-4-7
学研M文庫 つ-4-7
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.6
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-05-900760-9
全国書誌番号
22127569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想