科学哲学講義

森田邦久 著

「日はまた昇らない」-そんなはずはないと思われるでしょう。我々は毎朝「日は昇る」という知識を得て、日が昇ることを正当化しているからです。でもそんな推論がうまくいかないことを教えてくれるのが科学哲学。我々の見ている世界のあり方をがらりと変えてしまう科学哲学は、科学哲学者と科学者だけのものではないのです。科学的知識の確実性が問われているいま、科学の正しさを支えているものとは何か、真の科学的思考とは何かを根底から問い直す、哲学入門講義の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日はまた昇らない?-自然法則の必然性について
  • 第2章 原因なんてない?-因果の実在について
  • 第3章 原子なんてない?-見えない世界の実在について
  • 第4章 科学は正しくない?-科学とそうでないものの線引きについて
  • 第5章 科学で白黒はつかない?-科学の合理性について
  • 第6章 科学ってなに?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学哲学講義
著作者等 森田 邦久
書名ヨミ カガク テツガク コウギ
シリーズ名 ちくま新書 964
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.6
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06670-1
NCID BB0933730X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想