江戸の検屍官女地獄

川田弥一郎 著

夜鷹の稼ぎ場所・柳原堤で、凍りついた男の死体が発見された。男の自業自得なのか、それとも凍死に見せかけた殺しか。探索で謎の夜鷹紫の影が浮かびあがるのだが…。"江戸の検屍官"こと、北町奉行所定町廻り同心北沢彦太郎が医師玄海、絵師お月とともに、事件の隠された真相に迫る!医学ミステリーと時代小説の融合で話題のシリーズに、傑作長編登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の検屍官女地獄
著作者等 川田 弥一郎
書名ヨミ エド ノ ケンシカン オンナジゴク
書名別名 Edo no kenshikan onnajigoku
シリーズ名 祥伝社文庫 か15-4
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.6
ページ数 369p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-33771-1
NCID BB11606947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想