古典籍研究ガイダンス = Guidance of how to study early Japanese books : 王朝文学をよむために

人間文化研究機構国文学研究資料館 編

古典籍にはどのような情報が含まれているのか。それらの情報はどのようにして引き出して、研究に役立てていくことができるのか。研究方法と成果をわかりやすく紹介する。王朝文学についてより詳しく知りたい、もっと深い知識を身につけたい、自分自身の力で調べ考えたい方へ。必携の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 読みが変わる・変える(和歌
  • 物語
  • 歴史物語
  • 日記・随筆
  • 芸能)
  • 2 本をみる・さがす(基礎知識
  • 書誌学
  • 文献資料・文献情報)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典籍研究ガイダンス = Guidance of how to study early Japanese books : 王朝文学をよむために
著作者等 国文学研究資料館
人間文化研究機構国文学研究資料館
書名ヨミ コテンセキ ケンキュウ ガイダンス : オウチョウ ブンガク オ ヨム タメ ニ
書名別名 Guidance of how to study early Japanese books

Kotenseki kenkyu gaidansu
出版元 笠間書院
刊行年月 2012.6
版表示 2版
ページ数 445p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-305-70594-5
NCID BB09268852
BB1507395X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「作者自筆本」から何が汲み取れるか 浅田徹
「新出」伝本のさがし方 久保木秀夫
『古今集』を読む 浅田徹
『新古今集』の本文 寺島恒世
『枕草子』本文から見る先行文学享受の有り様 古瀨雅義
マイクロ資料・デジタル画像の活用 齋藤真麻理
世阿弥は王朝文学からどのように能を作ったか 小林健二
作り物語から御伽草子へ 勝俣隆
写本で伝わる物語 西本寮子
写本のかたち、本文のちがい 久保木秀夫
写本の書写年代と物語の成立 小川陽子
刊記 神作研一
古今伝授 鶴崎裕雄
古典籍の原本を見る 落合博志
古注釈書をよむ 山本登朗
古筆切 久保木秀夫
奥書・識語 日下幸男
女房の「たばかり」 今西祐一郎
幻の「弥世継」をさがす 福田景道
抜書の方法 原豊二
日記・記録の写本について 小川剛生
書写により変異する本文 伊藤鉄也
書誌学の手引き
本文と絵が織りなす世界 藤島綾
橋の下の菖蒲 齋藤真麻理
歌物語的私家集・日記的私家集 妹尾好信
版本の挿絵を読む 田野慎二
現在の作品形態を超えて考える 田渕句美子
短冊 神作研一
禁裏・宮家の蔵書 小川剛生
私家集伝本の本文 藤田洋治
絵入り写本をみる・さがす 安原眞琴
翻刻と校訂 小林健二
著者自筆原本の復元 小林一彦
複製本・影印本の活用 海野圭介
訪書の喜び 松原一義
貼紙の形態と本文の錯簡から底本を推察する方法 古瀨雅義
近世の注釈と創作の間 鈴木淳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想