誘惑はバニラの香りとともに

ミランダ・ネヴィル 著 ; 岡田未知子 訳

貴族の令嬢のジャコバンは、両親の死後、男爵である伯父の家で暮らすことになった。そこで彼女はメイドのような扱いを受けたうえに、賭けのかたとしてストリントン伯爵に差し出されそうになる。伯爵の慰み者になるのを恐れた彼女は伯父のもとから逃げ出し、摂政皇太子の厨房に男性の菓子職人として潜りこむ。だが、酔っ払いにからまれたところを当の伯爵に助けられ、彼が想像していたような道楽者ではないと知った。一方、自分が助けた相手が男装した男爵の姪と知らない伯爵は、ジャコバンを菓子職人として雇いたいと考える。それも、男爵に復讐するための道具として-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誘惑はバニラの香りとともに
著作者等 Neville, Miranda
岡田 未知子
ネヴィル ミランダ
書名ヨミ ユウワク ワ バニラ ノ カオリ ト トモ ニ
書名別名 NEVER RESIST TEMPTATION

Yuwaku wa banira no kaori to tomo ni
シリーズ名 マグノリアロマンス MN-01
出版元 オークラ
刊行年月 2012.7
ページ数 442p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7755-1863-2
全国書誌番号
22091767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想