宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術

宮本恒靖 著

知性派として知られる宮本恒靖が、プロ選手としてピッチで感じていたこと、考えていたことをベースに、独自のサッカー観戦術を、わかりやすく解説。「ボールを持たない選手の駆け引きを知る」「ピッチは4つのゾーンに分けて観る」など、少しの視点の違いで、試合の観方がガラリと変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「良い選手」を観る技術(ボールを持たない88分間の動きに注目する
  • 時代とともに変わるセンターバックの役割 ほか)
  • 第2章 ピッチを観る技術(3割はボールなしを観る
  • ピッチは、4つのゾーンで観る ほか)
  • 第3章 代表チームを観る技術(ザックジャパンの観方
  • 内田と長友の動きの違いは「使われる」かどうか ほか)
  • 第4章 セットプレーを観る技術(フリーキックは壁の2人目を観る
  • 南アW杯デンマーク戦、遠藤のフリーキックの舞台裏 ほか)
  • 第5章 Q&A 20本のパス交換

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術
著作者等 宮本 恒靖
書名ヨミ ミヤモトシキ ワンランク ウエ ノ サッカー カンセンジュツ
シリーズ名 朝日新書 353
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.6
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273453-2
NCID BB09534719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22094114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想