定本見田宗介著作集  9

見田宗介 著

詩人の作品世界に沈潜し、その生と思想に共振する。テクストに改訂を加え、巻末に「定本解題」を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 銀河と鉄道(りんごの中を走る汽車-反転について
  • 標本と模型-時空について
  • 銀河の鉄道-媒体について
  • 『銀河鉄道の夜』の構造-宮沢賢治の四つの象限)
  • 第1章 自我という罪(黒い男と黒い雲-自我はひとつの現象である
  • 眼の赤い鷺-自我はひとつの関係である
  • 家の業-自我はひとつの矛盾である
  • 修羅-明晰な倫理)
  • 第2章 焼身幻想(ZYPRESSENつきぬけるもの-世界にたいして垂直に立つ
  • よだかの星とさそりの火-存在のカタルシス
  • マジェラン星雲-さそりの火はなにを照らすのか
  • 梢の鳴る場所-自己犠牲の彼方)
  • 第3章 存在の祭りの中へ(修羅と春-存在という新鮮な奇蹟
  • 向うの祭り-自我の口笛
  • "にんげんの壊れるとき"-ナワールとトナール
  • 銀河という自己-いちめんの人生)
  • 第4章 舞い下りる翼(法華経・国柱会・農学校・地人協会-詩のかなたの詩へ
  • 百万疋のねずみたち-生活の鑢/生活の罠
  • 一一月三日の手帳-装備目録
  • マグノリアの谷-現在が永遠である)
  • 補章 風景が離陸するとき-シャイアンの宮沢賢治(土性調査-空間する時間
  • 天空の地質学-現在する過去
  • 風景が離陸するとき-すきとおる世界
  • 銀河の鉄道-賢治の現在せい
  • シャイアンの宮沢賢治-普遍する土着)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本見田宗介著作集
著作者等 見田 宗介
書名ヨミ テイホン ミタ ムネスケ チョサクシュウ
書名別名 宮沢賢治 : 存在の祭りの中へ

Teihon mita munesuke chosakushu
巻冊次 9
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 311p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028489-9
NCID BB09339247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想