日本の保育はどうなる : 幼保一体化と「こども園」への展望

普光院亜紀 著

長らく議論されてきた「幼保一体化」問題。その制度化をめざす「子ども・子育て支援法案」が国会に提出され、様々な疑問が出された。新設が予定される「こども園」で本当に待機児童は解消するのか、保育の質は保たれるのか、保育料はどうなるのか-法案検討ワーキングチームの一員として、保育園が大切にしてきた理念を盛り込むことに努めてきた著者が、法案の内容と今後の課題をわかりやすく説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「幼保一体(元)化」論争とは何か
  • 2 「子ども園」とはどんなシステムか
  • 3 「こども園構想」の課題
  • 4 今、子ども施策に求められていること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の保育はどうなる : 幼保一体化と「こども園」への展望
著作者等 普光院 亜紀
書名ヨミ ニホン ノ ホイク ワ ドウナル : ヨウホ イッタイカ ト コドモエン エノ テンボウ
シリーズ名 岩波ブックレット No.840
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270840-9
NCID BB09345035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想