韓国民主化2.0 : 「二〇一三年体制」を構想する

白楽晴 著 ; 青柳純一 訳

天安艦事件、延坪島砲撃事件、そして金正日総書記の急死-。南北朝鮮はいまも緊張と危機の中にある。しかし、激動の中で韓国社会は学び、民主化を遂げ、変貌し続けてきた。二〇〇〇年には、それまでの南北関係を大きく転換させた南北首脳会談も実現した。しかし、いま、韓国にはもっと「大胆な社会の変化」が要請されている、と著者は説く。李明博政権以後、求められる「変化」とは、どのようなものか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韓国の「二〇一三年体制」と東アジア
  • 1 二〇一〇年の危機をめぐって(「天安艦」事件の真相究明は、民主主義の回復と南北関係改善の決定的な環である
  • 二〇一〇年の試練を踏まえ、常識と教養の回復を)
  • 2 「一九八七年体制」の平和政策(朝鮮半島の統一は「市民参加型統一」で
  • 北朝鮮の核実験をどう受けとめるか
  • 「八七年体制」をどう克服するか
  • 「六・一五南北共同宣言」の意義は何か
  • 南北分断の現実と「変革的中道主義」)
  • 3 「二〇一三年体制」へ(なぜ「包容政策2.0」なのか
  • 「二〇一三年体制」を準備しよう
  • 金正日没後の「包容政策2.0」
  • 「二〇一三年体制」をいかに実現させるか)
  • 「金正日以後」と二〇一三年体制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国民主化2.0 : 「二〇一三年体制」を構想する
著作者等 白 楽晴
青柳 純一
書名ヨミ カンコク ミンシュカ ニテンゼロ : ニセンジュウサンネン タイセイ オ コウソウ スル
書名別名 Kankoku minshuka nitenzero
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025849-4
NCID BB09421519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想