社会貢献する仏教者たち : ツナガリ社会の回復に向けて

全国青少年教化協議会付属臨床仏教研究所 編

全青協が目指す仏教による青少幼年教化に関する活動、悩み多き人々によりそう活動、若者の心の悩みに応える活動、世代間交流への取り組み、里親の実態報告、生活困窮者支援など多岐に亘る活動を展開している仏教者たちの姿と、それに対する研究者の分析と論考を収録。社会に切実に向き合う仏教者が浮き彫りにする、現代日本の世情と社会状況。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教化の事例(基調発題 ツナガリ社会の回復に向けて
  • 分科会 教化事例発表)
  • 第2部 研究論文(「つながり」の社会に生きる
  • 仏教者による社会活動の可能性
  • 仏教教化事業を支える諸師に賛辞を贈る
  • 仏教者の自己と他者とのかかわり
  • かかわりあうことの煩わしさと尊さ ほか)
  • 資料 お寺と葬儀に関する一般人の意識調査(抜粋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会貢献する仏教者たち : ツナガリ社会の回復に向けて
著作者等 全国青少年教化協議会
全国青少年教化協議会付属臨床仏教研究所
書名ヨミ シャカイ コウケン スル ブッキョウシャタチ : ツナガリ シャカイ ノ カイフク ニ ムケテ
書名別名 Shakai koken suru bukkyoshatachi
シリーズ名 臨床仏教叢書 2
出版元 白馬社
刊行年月 2012.6
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-938651-89-3
NCID BB09486831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「つながり」の社会に生きる 齋藤昭俊
「個」の尊重と社会の無縁化 小谷みどり
「杉の子こども会」50年の指導をふりかえって 角出誠堂
お寺を活かす 松田正貴
かかわりあうことの煩わしさと尊さ 山崎龍明
ともに生きる、ほとけの菜園 御園生亮観
インターネットを活用した相談活動 今城良瑞
スピリチュアルなつながり 鈴木晋怜
ツナガリ社会の回復に向けて 奈良康明
プロジェクトダーナ東京 江田智昭
一浄土宗僧侶として社会的弱者によりそう 吉水岳彦
仏教テレフォン相談の実績と可能性 互井観章
仏教教化事業を支える諸師に賛辞を贈る 渡邊寶陽
仏教者による社会活動の可能性 島薗進
仏教者の自己と他者のかかわり 石上善應
共に生き「一隅を照らす」大乗の心 宮下亮善
共生社会実現へ 石原顕正
台湾の「公共的仏教」 ジョナサン・ワッツ, 戸松義晴
宗仲寺の土曜教園 平野仁司
心に残るシルエットを 和田崇淳
慶蔵院「子ども会」のとりくみとNPO日本語支援「てらこや塾」 前島格也
教化DVD「いただきます」 東海泰典
新たな試みの展開 青江覚峰
東京の山を守るために、多摩産の杉塔婆を使いましょう! 吉田尚英
死者と生者をつなぐグリーフ〈悲嘆〉ケア 神仁
浅草寺福祉会館寺子屋ぷらと舎 井手友子, 壬生真康, 金田寿世
現代版寺子屋での実践 安武隆信
祐天寺を場とした公益的教化活動について 巖谷勝正
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想