希望の大地 : 「祈り」と「知恵」をめぐる旅 : フォトエッセイ

桃井和馬 著

24時間、明りに照らされた生活を手に入れた現代。しかし、私たちは本当に大切な「光」を見失っていたのではないか-。自然への畏怖を忘れ、人間を最も優れた生物とする価値観が、大震災と原発事故を経たいま、根本から問われている。世界各地の自然や人の暮らしを取材・撮影してきた著者が、カラー写真を交えながら、3.11後の生き方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-暗闇のヘッドライト
  • 1 畏怖する思い 畏敬する心
  • 2 無限大に増殖する人間の欲望
  • 3 物語とモノ社会
  • 4 聖域に想う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望の大地 : 「祈り」と「知恵」をめぐる旅 : フォトエッセイ
著作者等 桃井 和馬
書名ヨミ キボウ ノ ダイチ : イノリ ト チエ オ メグル タビ : フォト エッセイ
書名別名 Kibo no daichi
シリーズ名 岩波ブックレット No.841
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 79p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270841-6
NCID BB09345330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想