「学び」という希望 : 震災後の教育を考える

尾木直樹 著

東日本大震災を受け、教育の「復興」も緊急課題だ。難題が山積する社会を子どもたちはどう生き、そして新しい時代をどう切り拓いていくか。「テスト学力」偏重の教育から脱し、主体的に学び続ける力を養うこと。著者は、そこに教育の目指すべき希望を見出す。被災地の子どもたちの様子、学校現場の声なども交え、震災後の教育のあり方を根本から問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 震災と子どもたち
  • 第1章 震災下の子どもと学校(被災地を訪れて
  • 被災地の子どもと学校は)
  • 第2章 震災が浮き彫りにした教育の問題(改めて問う「教育の原点」
  • 幸福感が低い日本の子ども
  • 学校は誰に向き合っているのか)
  • 第3章 学ぶという喜び(いま、必要な「学力」とは
  • 学ぶことを喜びに
  • 「個」に寄り添う教育
  • 教育は未来への投資)
  • おわりに 星を目あてにまっすぐ生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「学び」という希望 : 震災後の教育を考える
著作者等 尾木 直樹
書名ヨミ マナビ ト イウ キボウ : シンサイゴ ノ キョウイク オ カンガエル
シリーズ名 岩波ブックレット No.837
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270837-9
NCID BB09344655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想