環境史から学ぶ地球温暖化

杉山大志 著

過去にも環境は変わってきたが、人類はそれに適応して生き抜いてきた。人類の「気候変動への適応」の歴史を知ることで、いたずらに温暖化を怖れるのではなく、冷静に対処できるようになる-。IPCC報告書主執筆者が、今までの温暖化対策の議論から抜け落ちていた、新たな視点で地球温暖化を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界の歴史と環境
  • 第2章 IPCCと環境史
  • 第3章 江戸時代の農業と環境史
  • 第4章 環境改変の日本史
  • 第5章 災害の日本史
  • 第6章 日本は温暖化へ適応できるか
  • 第7章 地球温暖化の不確実性とリスク管理
  • 補章1 日本農業の未来
  • 補章2 脱物質化社会は実現するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境史から学ぶ地球温暖化
著作者等 杉山 大志
書名ヨミ カンキョウシ カラ マナブ チキュウ オンダンカ
書名別名 Kankyoshi kara manabu chikyu ondanka
シリーズ名 エネルギーフォーラム新書 012
出版元 エネルギーフォーラム
刊行年月 2012.5
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88555-406-3
NCID BB09521353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想