一週間はなぜ7日になったのか : 数学者も驚いた、人間の知恵と宇宙観

柳谷晃 著

いろいろな古代文明で、一週間を7日とする暦を使っている。ということは、神様は7日でこの世界をつくった、という神話ができる理由がある。人びとの生活のほうが先で、神話ができたのは後なのだ。暦に合うように神様は7日目に休んでいただかないと困る。神話より先に、人びとは7を大切にしていた、ということだ。その謎解きを、本書でしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ピラミッドに秘められた"黄金比"と"宇宙観"-抜群の観察眼と数学思考から生まれた建築技術(ピラミッドは数学的に見ても神秘の遺跡
  • "自然の仕組み"を考える二つの流れ
  • アラビア数字が世界を変えた
  • なぜ古今東西。奇数が大切にされるのか)
  • 第2章 中世ヨーロッパで、科学や芸術が遅れた本当の理由-アラビア世界にあって、キリスト教世界にはなかった数字と発想(キリスト教と縁起の良い数・悪い数
  • 自然界に共通する聖なる数と形
  • 神と対立する科学)
  • 第3章 ルネッサンスはアラビアのおかげだった-古代ギリシャ、エジプト、アラビアを経て花開いた数学発の文化(十字軍の遠征がヨーロッパの科学を発展させた秘密
  • ルネッサンスの担い手が科学者だったもっともな事情)
  • 第4章 一週間はなぜ7日になったのか-人の一生を大きく左右した、天体運動の計算と暦(一週間は古代から7日だった?
  • コペルニクス的転回の真相と暦づくり
  • 占星術・錬金術が発展させた科学)
  • 第5章 心の中に生きる数学-信仰から音楽、絵画まで、いまにつながる数学的成果(生活に根づく月名や時間の由来をたどると…
  • 数学者たちが愛した芸術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一週間はなぜ7日になったのか : 数学者も驚いた、人間の知恵と宇宙観
著作者等 柳谷 晃
書名ヨミ イッシュウカン ワ ナゼ ナノカ ニ ナッタ ノカ : スウガクシャ モ オドロイタ ニンゲン ノ チエ ト ウチュウカン
シリーズ名 青春新書INTELLIGENCE PI-361
出版元 青春出版社
刊行年月 2012.6
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04361-8
NCID BB09522301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想