19世紀イギリス外交と東アジア

小林隆夫 著

イギリスの東アジア政策、その限界・矛盾・問題点とは-。伝統的地域秩序と近代西洋国際秩序のはざまで、外交官らはどのように行動し、その結果とは何だったのか。1860年代から日清戦争に至るまでの、東アジアにおけるイギリス外交の実態を外交文書から探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イギリスの東アジア政策の特徴と問題(東アジアにおける公式・非公式帝国の形成と問題
  • オールコックの天津条約改正交渉の限界と通商の低迷)
  • 第2章 トマス・ウェイドの中国政策(トマス=ウェイドと中国皇帝謁見問題
  • ウェイドと台湾出兵をめぐる日中紛争
  • マーガリ事件と芝罘協定-ウェイドの中国政策の変化
  • 「琉球処分」をめぐる日中対立とウェイド)
  • 第3章 イギリスと中国・朝鮮の宗藩関係(ウェイドと一八八二年の英朝条約
  • パークスと第二次英朝条約
  • イギリスと甲申事変)
  • 第4章 一八八〇年代半ばの東アジア国際情勢の変動とイギリス(イギリスと清仏戦争
  • イギリスの巨文島占領と対中日政策
  • 巨文島撤退をめぐる中英交渉と宗藩問題)
  • 第5章 イギリスと日清開戦への道(一八八七〜一八九四年)(巨文島占領期の日英関係(一八八五〜一八八七年)
  • 巨文島撤退後のイギリス極東政策
  • イギリスの上ビルマ併合とビルマ・チベット協定の成立(一八八六年七月二四日))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 19世紀イギリス外交と東アジア
著作者等 小林 隆夫
書名ヨミ ジュウキュウセイキ イギリス ガイコウ ト ヒガシアジア
出版元 彩流社
刊行年月 2012.5
ページ数 344,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1782-4
NCID BB09355345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想