相互扶助論

ピョートル・クロポトキン 著 ; 大杉栄 訳

新自由主義と自己責任論の残した、無惨な破局のあとに、「相互扶助」は、人間と社会の再生をかけたキーワードだ。「3.11」後に再び学ぶ、助け合う関係の歴史、共存の哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物の相互扶助
  • 未開人の相互扶助
  • 野蛮人の相互扶助
  • 中世都市の相互扶助
  • 近代社会の相互扶助

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相互扶助論
著作者等 Kropotkin, P. A. (Petr Alekseevich), kni︠a︡zʹ
Kropotkin, Petr Alekseevich
同時代社編集部
大杉 栄
Kropotkin Pyotr Alekseevich
クロポトキン ピョートル
書名ヨミ ソウゴ フジョロン
書名別名 Sogo fujoron
出版元 同時代社
刊行年月 2012.6
版表示 増補修訂版 / : 同時代社編集部 増補修訂.
ページ数 336p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88683-723-3
NCID BB09505652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想