ことばと思索 : 森有正再読

久米あつみ 著

森有正が問いかけたもの。果たして彼の仕事は歴史に一駒を刻んだだけのものだったか。その西欧との出会い、葛藤は時代のもたらした躓きに過ぎなかったか。森有正がこの世的地位を棒に振ってでも続けようとした実験は何だったのか。私たちは彼の投げかけた問いを問い続けなくてよいのか。幼い頃から森と身近に接してきた著者による渾身の森有正論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ことば-表現体としての
  • 第2章 旅
  • 第3章 自己
  • 第4章 書くこと
  • 第5章 フランス語学習の問題
  • 第6章 ノートル・ダム
  • 第7章 ミノトール(または愛について)
  • 第8章 音楽
  • 第9章 アブラハム
  • 第10章 カルヴァン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばと思索 : 森有正再読
著作者等 久米 あつみ
書名ヨミ コトバ ト シサク : モリ アリマサ サイドク
書名別名 Kotoba to shisaku
出版元 教文館
刊行年月 2012.5
ページ数 228,37p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7642-6951-4
NCID BB09532178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想