精神科リハビリテーションの流儀

宮脇稔 編著 ; 百田功, 山﨑勢津子 著

[目次]

  • プロローグ なぜかしっくりいかない
  • 1 こころの病について
  • 2 問題を軸としない関わり
  • 3 リフレームの作用
  • 4 本当のニーズって?
  • 5 ペンディングの効用
  • 6 サブケアの役割
  • 7 失敗する権利は誰にでもある!?
  • エピローグ 落ち着くべきところへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神科リハビリテーションの流儀
著作者等 宮脇 稔
山崎 勢津子
山﨑 勢津子
百田 功
書名ヨミ セイシンカ リハビリテーション ノ リュウギ : エンジョシャ ヒッケイ デイリー ケア ノ エッセンス
書名別名 援助者必携デイリーケアのエッセンス

Seishinka rihabiriteshon no ryugi
出版元 文光堂
刊行年月 2012.5
ページ数 149p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8306-4379-8
NCID BB09335020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想