3・11本当は何が起こったか:巨大津波と福島原発 : 科学の最前線を教材にした暁星国際学園「ヨハネ研究の森コース」の教育実践

丸山茂徳 監修

[目次]

  • 第1章 3・11本当は何が起こったか:巨大津波と福島原発-早期収束の具体的提案(これまで地震の発生原理はどのように考えられてきたか
  • 今回の地震は「構造浸食型地震」 ほか)
  • 第2章 白熱!止まらない質疑応答(人間とほかの生物では、被曝の影響に違いがあるのか?
  • 組織を動かすには何が必要なのか? ほか)
  • 第3章 生徒たちが考える「東日本大震災」2篇(東日本大震災と向き合う-「学ぶ」と「生きる」を問い直す
  • 震災から今日までの日々を振り返る)
  • 第4章 なぜ自ら学ぼうとする子どもが育つのか(ヨハネ研究の森と丸山茂徳先生の出会い
  • なぜ学校に意味が見出せなくなったのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3・11本当は何が起こったか:巨大津波と福島原発 : 科学の最前線を教材にした暁星国際学園「ヨハネ研究の森コース」の教育実践
著作者等 丸山 茂徳
書名ヨミ サン イチイチ ホントウ ワ ナニ ガ オコッタ カ キョダイ ツナミ ト フクシマ ゲンパツ : カガク ノ サイゼンセン オ キョウザイ ニ シタ ギョウセイ コクサイ ガクエン ヨハネ ケンキュウ ノ モリ コース ノ キョウイク ジッセン
出版元 東信堂
刊行年月 2012.5
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7989-0129-9
NCID BB09238749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想