ヘタな人生論より枕草子

荻野文子 著

インテリ女性が好き放題書いたエッセイ-しかし、『枕草子』を荻野流に読みとくと別の顔が浮かび上がる。それは、華やかだが権謀術数渦巻く宮廷世界で「美しさ」を手放すまいと懸命に足掻いた一人の人間の姿だった。どれほど現実が酷くても「みっともなく、みじめなこと」を忌み、「優雅」のなんたるかを忘れなかった清少納言の美意識から、私たちが学ぶことは多い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 省みる-いるいる"幼稚な"人…でも、本当に彼らを笑えますか(にくきもの-「だらしなさ」と「おおらかさ」は違う
  • ありがたきもの-「常識だろ」は、もはや通用しない ほか)
  • 2章 躾ける-"行儀わるい"ふるまいに慣れてしまっていませんか(人ばへするもの-子育ての要諦は、じつはシンプル
  • うつくしきもの-わが子は「うつくし」だけではないから愛しい ほか)
  • 3章 磨く-"意固地"になったまま、足踏みしていませんか(めでたきもの-「抜け道」を当然に思う恐ろしさ
  • つれづれなぐさむもの-意味もない無愛想は人を鬱屈させる ほか)
  • 4章 交わる-"独り善がり"のつき合い方で他者を苦しめていませんか(いとほしげなきもの-同情心は「ややこしい」
  • 心ゆくもの-「生」の手触りは、人と人との間にある ほか)
  • 5章 修める-"余裕がない"ために生き方が浅くなっていませんか(うれしきもの-死中にあって、いかに活を求めるか
  • 胸つぶるるもの-人の心の奥行きに、思いを到らせたい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘタな人生論より枕草子
著作者等 荻野 文子
書名ヨミ ヘタ ナ ジンセイロン ヨリ マクラノソウシ
書名別名 Heta na jinseiron yori makuranososhi
シリーズ名 枕草子 お14-2
河出文庫 お14-2
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.6
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41159-0
NCID BB09494920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想