小川洋子の偏愛短篇箱

小川洋子 編著

この箱を開くことは、片手に顕微鏡、片手に望遠鏡を携え、短篇という名の王国を旅するのに等しい-「奇」「幻」「凄」「彗」、こだわりで選んだ16作品にそれぞれの解説エッセイを付けて、小川洋子の偏愛する小説世界を楽しむ究極の短篇アンソロジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小川洋子の偏愛短篇箱
著作者等 小川 洋子
書名ヨミ オガワ ヨウコ ノ ヘンアイ タンペンバコ
シリーズ名 河出文庫 お27-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.6
ページ数 348p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41155-2
NCID BB09361097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「件」の気持 小川洋子 解説エッセイ
ありのままの世界 小川洋子 解説エッセイ
お供え 吉田 知子
こおろぎ嬢 尾崎 翠
だまされてますよ 小川洋子 解説エッセイ
みのむし 三浦 哲郎
みのむしは大人しい虫ではない 小川洋子 解説エッセイ
ラブのイボ 小川洋子 解説エッセイ
二人の天使 森 茉莉
内田百閒, 内田 百間
金井 美恵子
兎の目は桃色 小川洋子 解説エッセイ
力道山の弟 宮本 輝
宇宙を前進する光 小川洋子 解説エッセイ
彼の父は私の父の父 島尾 伸三
後戻りできない 小川洋子 解説エッセイ
愛すべき少年 小川洋子 解説エッセイ
押絵と旅する男 江戸川亂歩, 江戸川 乱歩
押絵と機関車トーマス 小川洋子 解説エッセイ
春は馬車に乗って 横光 利一
死の気配に満ちた恋愛 小川洋子 解説エッセイ
向田 邦子
自分専用の宙の一室 小川洋子 解説エッセイ
花ある写真 川端 康成
藪塚ヘビセンター 武田 百合子
過酸化マンガン水の夢 谷崎 潤一郎
鉱物のような作品 小川洋子 解説エッセイ
錯覚のおばさん 小川洋子 解説エッセイ
雪の降るまで 田辺 聖子
風媒結婚 牧野 信一
馬車と私 小川洋子 解説エッセイ
鱧の計らい 小川洋子 解説エッセイ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想