「陵墓」を考える : 陵墓公開運動の30年

「陵墓限定公開」30周年記念シンポジウム実行委員会 編

巨大古墳の真実とは何か。百舌鳥古墳群・古市古墳群の世界文化遺産登録への課題とは。陵墓公開を求める研究者たちが実態追究の成果を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 佐紀陵山古墳・伏見城の立入り報告(陵墓公開を求めて三〇年
  • 佐紀陵山古墳の立入り報告
  • 伏見城跡(桃山陵墓地)の立入り調査
  • 陵墓公開運動のこれから
  • 討論)
  • 2 「陵墓」を考える(陵墓公開運動三〇年の歩みと展望
  • 陵墓の近代と「国史」像-文化財と「伝説」を通じて
  • 教科書のなかの陵墓
  • 埋蔵文化財行政と宮内庁陵墓
  • 記念物指定制度と陵墓制度-陵墓参考地編入と史跡指定をめぐって
  • 討論)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「陵墓」を考える : 陵墓公開運動の30年
著作者等 「陵墓限定公開」30周年記念シンポジウム実行委員会
書名ヨミ リョウボ オ カンガエル : リョウボ コウカイ ウンドウ ノ サンジュウネン
出版元 新泉社
刊行年月 2012.6
ページ数 314p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7877-1209-7
NCID BB09295130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想