この世で一番おもしろいマクロ経済学 : みんながもっと豊かになれるかもしれない16講

ヨラム・バウマン 著 ; 山形浩生 訳

GDP、雇用、貿易、為替…ややこしいマクロ経済学がシンプルに学べる。あのマンキューも認めた「お笑いエコノミスト」(自称)による最強の入門書第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 単一のマクロ経済学(失業-なぜ「職のない人」をなくせないのか?
  • お金/貨幣-金融政策は経済を救う!?
  • インフレーション-経済成長のための「バランスの取れたインフレ」
  • 国内総生産(GDP)-経済を測るモノサシ、その使い方
  • 政府の役割-政府は経済を何とかできるのか?)
  • 2 国際貿易におけるマクロ経済学(貿易と技術-経済学者が自由貿易をオススメする3つの理由
  • 古典派の経済観-アダム・スミスが信じた自由貿易と比較優位
  • 貿易にまつわる面倒な話-たとえば人権とか保護主義とか
  • 開発援助(ODA)-最高の援助は「貿易」にあり!?
  • 外国為替-通貨を取引するための不確実な手段)
  • 3 グローバルなマクロ経済学(景気の波の終わり?-金融政策と財政政策の終わりなき戦い
  • 貧困の終わり?-貧困国が「キャッチアップ」するための成長のレシピ
  • 惑星地球の終わり?-地球温暖化を解決するための「市場」の使い方
  • 若さの終わり?-財政破綻せずに高齢化社会を乗り切れるか!?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この世で一番おもしろいマクロ経済学 : みんながもっと豊かになれるかもしれない16講
著作者等 Bauman, Yoram
山形 浩生
Klein Grady
クライン グレディ
バウマン ヨラム
書名ヨミ コノ ヨ デ イチバン オモシロイ マクロ ケイザイガク : ミンナ ガ モット ユタカ ニ ナレル カモ シレナイ ジュウロクコウ
書名別名 THE CARTOON INTRODUCTION TO ECONOMICS,Volume Two:Macroeconomics
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.5
ページ数 232p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-478-01783-8
NCID BB09306656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22119316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想