レ・ブルー黒書 : フランス代表はなぜ崩壊したか

ヴァンサン・デュリュック 著 ; 結城麻里 訳

南アフリカワールドカップ。フランスは、「史上最も醜い敗退」を喫した。監督侮辱、強制送還、練習ボイコット、キャプテン剥奪、男の嫉妬…。世界中に恥をさらしたチームの中で、何が起こっていたのか?「レキップ」紙で20年以上にわたって代表番を務める名物記者が、事件の真相を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日曜日のスト」に参加した男たち
  • 第2章 「ドメネク主犯説」の真偽
  • 第3章 アネルカという「鬼門」
  • 第4章 責任逃れした権力者たち
  • 第5章 選手共和国
  • 第6章 「脅し」と「告白」
  • 第7章 遠い船出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レ・ブルー黒書 : フランス代表はなぜ崩壊したか
著作者等 Duluc, Vincent
結城 麻里
デュリュック ヴァンサン
書名ヨミ レ ブルー コクショ : フランス ダイヒョウ ワ ナゼ ホウカイ シタカ
書名別名 Le Livre noir des bleus

Re buru kokusho
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-217723-8
NCID BB09648296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想