津軽殺人事件 : 長編推理小説

内田康夫 著

弘前の古書店主が東京のホテルで毒殺された!そのポケットには"コスモス、無残"…のメモが遺され、太宰治が描いたという肖像画が消えていた。津軽へ向かった浅見光彦は被害者の娘・靖子と会い、被害者が主宰していた「『津軽』を旅する会」が事件の鍵をにぎると推理する。会の参加者を訪ねる光彦だが、そこで第二の殺人が!津軽半島を旅情豊かに描く傑作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津軽殺人事件 : 長編推理小説
著作者等 内田 康夫
書名ヨミ ツガル サツジン ジケン : チョウヘン スイリ ショウセツ
シリーズ名 〈浅見光彦×日本列島縦断〉シリーズ う1-69
光文社文庫 う1-69
出版元 光文社
刊行年月 2012.6
ページ数 362p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76423-4
全国書誌番号
22124957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想