彩四季・江戸慕情

平岩弓枝 監修

「昭和大衆文壇の父」と呼ばれる長谷川伸が主宰した小説勉強会"新鷹会"は村上元三、山岡荘八など数多くの人気作家を輩出し、今に続く。平岩弓枝の監修による本編では、新鷹会作家による十一篇を収録。武士であれ、庶民であれ、移ろいゆく四季-春夏秋冬の彩りのなかでひたむきに生きる江戸の人々。人生の岐路に立つ彼らの哀切な心情が胸に沁みる傑作時代小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 彩四季・江戸慕情
著作者等 平岩 弓枝
書名ヨミ サイシキ エド ボジョウ
書名別名 Saishiki edo bojo
シリーズ名 新鷹会・傑作時代小説選 し25-10
光文社文庫 し25-10
出版元 光文社
刊行年月 2012.6
ページ数 427p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76428-9
全国書誌番号
22127108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想