終の信託

朔立木 著

呼吸器科の医師・折井綾乃は、患者を安楽死させた疑いで告発される。「最期のときは、長引かせないでほしい」-十八年にもわたって担当医を務めた、重度の喘息患者・江木秦三の願いだった。医師と患者という関係を超え、固い絆を育んできた二人。愛する者の思いを受け入れた彼女を待つ、過酷な運命とは?(表題作)。現役の法律家が実在の事件を元に描く、魂の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 終の信託
著作者等 朔 立木
書名ヨミ ツイ ノ シンタク
書名別名 Tsui no shintaku
シリーズ名 光文社文庫 さ22-5
出版元 光文社
刊行年月 2012.6
ページ数 257p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76419-7
NCID BB10535140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想