元・新日本プロレス : 「人生のリング」を追って

金沢克彦 著

日本の格闘技界の源流となったアントニオ猪木率いる新日本プロレス。かつて胸のライオンマークを誇りにリングに上がった選手たちはなぜ団体を去り、いま何を思うのか。専門誌記者として同時代を生きた著者が彼らの「その後」を追う旅の記録。栄光、挫折、そしていまだ消え去ることのない夢。選手たちによって初めて語られる「新日本体験」から、新しいプロレス史が立ち上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小原道由-「最強伝説」の真実(名門「国士舘大学柔道部」
  • スキンヘッドの「サラリーマン」 ほか)
  • 第2章 片山明&大矢剛功-「不死鳥」が語った空白の18年(一通のメール
  • ケンドー・カシンの「取材依頼」 ほか)
  • 第3章 栗栖正伸-「イス大王」のプライド(長州、前田、栗栖の共通点
  • 恐怖の「イス大王」キャラの誕生 ほか)
  • 第4章 越中詩郎-馬場、猪木、そして三沢(「まともな人」がレスラーになると…
  • 「WJはあんな形で終わっちゃったけどさ」 ほか)
  • 第5章 大谷晋二郎-橋本真也を追いかけて(田町で朝まで飲む男
  • 「花の92年入門組」の人生模様 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元・新日本プロレス : 「人生のリング」を追って
著作者等 金沢 克彦
書名ヨミ モト シンニホン プロレス : ジンセイ ノ リング オ オッテ
シリーズ名 宝島SUGOI文庫 Aか-5-2
出版元 宝島社
刊行年月 2012.6
ページ数 367p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-9967-9
全国書誌番号
22123138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想