信長死すべし

山本兼一 著

本能寺の変まで、残り三十八日。「信長を粛清せよ」天正十年夏。正親町帝の密勅が下り、日本史上もっとも濃密な時が流れた。運命の六月二日、本能寺の変に向けて-。明智光秀をはじめ、近衛前久、吉田兼和、勧修寺晴豊、里村紹巴、徳川家康ら、織田信長を取り巻く人々の動きから、本能寺の変を炙り出す歴史巨編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長死すべし
著作者等 山本 兼一
書名ヨミ ノブナガ シスベシ
書名別名 Nobunaga shisubeshi
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.6
ページ数 402p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-110188-9
NCID BB0962846X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想