日本的労働制度の歴史と戦略 : 江戸時代の奉公人制度から現代までの日本的雇用慣行

丹野勲 著

[目次]

  • 第1編 日本的雇用慣行の歴史制度(江戸時代の奉行人制度と日本的雇用慣行
  • 戦前の日本企業の労働制度と労務管理-奉公人・職人制度、内部請負制、社員と工員の身分格差、養成工制度を中心として
  • 工場法の制定と労務管理)
  • 第2編 日本企業の労働制度と労務管理戦略(日本企業の雇用管理の制度と国際比較-採用、配置、異動、昇進、解雇、定年
  • 日本企業の賃金・労働時間・福利厚生の制度と国際比較
  • 日本企業の職務・人事考課・キャリア・教育訓練の制度と国際比較
  • 日本企業の労働組合と労使関係の制度と国際比較)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的労働制度の歴史と戦略 : 江戸時代の奉公人制度から現代までの日本的雇用慣行
著作者等 丹野 勲
書名ヨミ ニホンテキ ロウドウ セイド ノ レキシ ト センリャク : エド ジダイ ノ ホウコウニン セイド カラ ゲンダイ マデ ノ ニホンテキ コヨウ カンコウ
書名別名 Nihonteki rodo seido no rekishi to senryaku
出版元 泉文堂
刊行年月 2012.6
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7930-0378-3
NCID BB09352766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想