ナチスのキッチン : 「食べること」の環境史

藤原辰史 著

ナチスによる空前の支配体制下で、人間と食をめぐる関係には何が生じたのか?システムキッチン、家事労働から食材、エネルギーにいたるまで、台所という"戦場"の超克を試みた、来たるべき時代への"希望の原理"。新たに発見された事実や貴重なレシピなど、未刊行資料も多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 台所の環境思想史
  • 第1章 台所空間の「工場」化-建築課題としての台所
  • 第2章 調理道具のテクノロジー化-市場としての台所
  • 第3章 家政学の挑戦
  • 第4章 レシピの思想史
  • 第5章 台所のナチ化-テイラー主義の果てに
  • 終章 来たるべき台所のために
  • 「食べること」の救出に向けて-あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチスのキッチン : 「食べること」の環境史
著作者等 藤原 辰史
書名ヨミ ナチス ノ キッチン : タベル コト ノ カンキョウシ
書名別名 Nachisu no kicchin
出版元 水声社
刊行年月 2012.5
ページ数 450p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89176-900-0
NCID BB09331143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想